ロボット ファン コミュニティサイト = ロボット製作者 と ロボット愛好者 =

ホーム 最新ニュース 初めての方へ コンテンツ紹介 FAQ 掲示板の使い方 お問い合わせ
 
楽しむ
読む
知る
学ぶ
ツール
買う
サイト情報
三月兎
アクセスカウンタ
2004/12/1~
今日 : 254254254
昨日 : 408408408
総計 : 6030174603017460301746030174603017460301746030174
オンライン状況

5 人のユーザが現在オンラインです。

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

ロボットサイトランキングにエントリーしています。(^^)
ポチっとクリックしてみてね☆
ロボットサイト ランキング
サーバーは、 ここをつかってます。
ユーザー登録してくださった方にだけ、閲覧できるコンテンツがあります。
●NC MOCELA(Modela活用ソフト)
●本選まであと一歩 =予選突破のプレゼンテクニック=
●ロボット写真

マイクロマウスで始める組込み開発
最新ニュース
投稿日時: 2013-06-27 10:05:01 (670 ヒット)

9月に国内販売する教育版レゴマインドストームEV3を発売前に体験できる機会です! プログラムを作成し、実際に教育版 LEGO MINDSTORMS EV3を動かします。

体験会に参加し、EV3を早期ご予約の場合、発売開始前にいち早く商品が届きます。予約特典として、インタラクティブサーボモーターMを先着300名様にプレゼント。

詳細は株式会社 アフレルサイトでご確認ください。


投稿日時: 2013-06-24 17:16:12 (776 ヒット)

6月30日(日)神戸市の神戸サンボーホール、7月7日(日)東京都立産業貿易センター・台東館 において「inrevium杯 第13回レスキューロボットコンテスト(レスコン)」競技会予選が開催されます。

レスコンは、災害救助をテーマにしたロボットコンテストです。チームで製作したレスキューロボットが、フィールド内(被災した街の模型)から要救助者に見立てた人形を救助します。コンテストでは、アイデア、技術力、チームワークだけでなく、「優しい救助」のシステムやコンセプトを総合的に競います。

ロボット製作を通じ、またコンテスト見学者の方々に防災や減災の大切さと難しさを考える機会を提供しています。

inrevium杯 第13回レスキューロボットコンテスト競技会

  • 神戸予選
  • 日時:2013年6月30日(日)13:30〜17:30
  • 場所:神戸サンボーホール(神戸市中央区浜辺通5-1-32)
  • 入場料:無料
  • 東京予選
  • 日時:2013年7月7日(日)13:00〜15:00
  • 場所:東京都立産業貿易センター・台東館 7階(東京都台東区花川戸2-6-5)
  • 入場料:無料

公式サイト

※クリックでpdfファイルが開きます。


投稿日時: 2013-03-29 10:50:53 (853 ヒット)

■講座の意図
2012年より、中学校の技術・家庭科の技術分野で「プログラムによる計測・制御」の授業が必修になりました。教育の現場では、プログラミングをどのように教えたらよいか戸惑いがあるようです。
当講座では、簡単な回路を作成しプログラミングの基本を体験していただきます。
作成した回路は持ち帰り、自宅で乾電池と接続しイルミネーションとして使用できます。

日時:2013年4月21日(日)14時00分〜(2時間を予定。参加者の進み具合によって多少前後します)
場所:天満インキュベーションラボ
会費:お子さま一人につき=1,000円
※対象年齢:小学生〜中学生。PCでマウス操作、キーボード入力(メール送信ができるくらい)できる方
※持ち物:特になし(ノートパソコンもこちらでご用意します)
※定員:3名

参加申込みURL:http://wsx2.net/kids/2013/03/arduino/
定員に達していた場合、<キャンセル待ち希望>で登録してみてください。


投稿日時: 2012-10-26 11:07:33 (1124 ヒット)

2012年11月4日(日)、大阪電気通信大学 駅前キャンパスにおいて「電通大杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト 2012」が開催されます。入場料無料。

ヒト型レスキューロボットコンテストは、ヒト型ロボットによる災害救助をテーマにしたロボットコンテストです。ヒト型ロボットを遠隔操縦し、約4m×2mのフィールド内で「トンネルくぐり」「段差乗り越え」「ガレキ除去」「要救助者搬送」の四つのタスクを順にクリアし、かかった時間の短さを競います。

  • 日時: 2012年11月4日(日)13:00〜17:00
  • 場所: 大阪電気通信大学 駅前キャンパス 5階 506号室
  • (大阪府寝屋川市早子町12-16、京阪寝屋川市駅から徒歩3分)
  • 主催: ヒト型レスキューロボットコンテスト実行委員会
  • 共催: 一般社団法人日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門、
  • 大阪電気通信大学 自由工房、 レスキューロボットコンテスト実行委員会
  • 協賛: 株式会社アールティ、ヴイストンロボットショップ、
  • クラフトハウス株式会社、近藤科学株式会社
  • 観覧料:無料
  • 関連ページ
    1. 公式サイト
    2. Facebookページ
    3. 公式USTREAM


投稿日時: 2012-10-25 13:03:20 (1067 ヒット)

今号には、 二足歩行ロボットバトル大会「ロボファイト13」レポート、inrevium杯 第12回レスキューロボットコンテスト、大阪西淀川4mロボットプロジェクト 夢はガンダム!「はじめ、いきまーす」、全日本ロボット相撲大会二連覇! 六次元Kにおけるソフトウェア設計技法〈中編〉を執筆いたしました。 六次元Kのソフトウェア設計技法は、木嶋先生の考え方がとても興味深く取材していても面白かったです。

■ロボコンマガジン


コンテンツ一覧
MODELA活用ソフト 「NC-MODELA」

2006/12/16 取扱説明書 改訂
2006/11/16 バージョンアップ(NC-MODELA_1_0_0_9)

フリーソフト「NC-MODELA」で、
MODELAを256倍活用する!!

NC-MODELAは、

  • 原点出しがカンタン!!
  • 加工時間短縮!!
  • 初心者でも簡単に扱える操作画面 !!

詳細は、「NC-MODELA」 紹介ページ をご覧下さい!!

ロボット・ファン.net